プチプラ「ブースター」で美肌をつくろう!

プチプラ「ブースター」で美肌をつくろう!

種類が豊富!ブースターの役割とは

シミ予防に有効なブースターの成分とは?

2017/10/04

img028

シミ予防のブースターで効果的な成分はアルブチンとアスタキサンチン、ハイドロキノンです。アルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を加えることで分子を安定させた成分です。メラニン色素を活性化させるチロシナーゼという酵素を抑制する働きがあります。メラニン色素は黒色で肌に蓄積するとシミとなります。アルブチンは2種類ありますがシミ予防効果がより高いのは、コケモモに含まれるαアルブチンです。しかし化粧品で一般的にアルブチンと表記しているのは、天然由来で食べても消化されるβアルブチンです。βアルブチンはアレルギー反応も出にくいので敏感肌でも使えます。

アスタキサンチンはイクラや鮭などに含まれる赤い色素で、ビタミンEの1000倍以上の抗酸化作用を持ちます。人間は紫外線を浴びたりストレスを感じたりすると体内で活性酸素を生成します。活性酸素は細胞を酸化させる力が強いです。肌では細胞の酸化を防ぐためにメラニン色素を生成するので、活性酸素が増えるとシミが増えてしまいます。抗酸化作用とは活性酸素を除去する働きなので、アスタキサンチンを取り入れるとメラニン色素の生成を予防できます。皮膚に塗ると肌の水分量がアップするので、全体的な老化現象を防ぐのに効果的です。

ハイドロキノンは元々肌に使う成分ではありませんでした。写真を現像する時の還元剤や染料の酸化防止剤として使われてきました。ハイドロキノンを扱う人たちの手が白くなっていたことで美白効果が注目され始めました。ハイドロキノンもメラニン色素の生成を抑制する効果があります。さらに既にできたメラニン色素を還元するので、シミを薄くすることも可能です。ただし非常に効果が高い分、肌への刺激が強いです。市販の化粧品には4%までしか配合することができません。高濃度でなくても肌の弱い人はかえって肌トラブルを引き起こす恐れがあるため、パッチテストを行って安全性を確かめてから使わなければなりません。

-種類が豊富!ブースターの役割とは